おまとめ(借り換え)ローン

おまとめローンの選び方は「金利」だけじゃない!を銀行員が解説

男性管理人
男性管理人

こんにちわ「カードローンのいろは」管理人の良太(@cardloan_iroha)です。

おまとめローンは「金利が安い」というだけで選んで欲しくありません。

現役銀行員がオススメする、おまとめローンの選び方は以下です。

  1. 時間と自信があるなら「銀行系」なければ「消費者金融系」
  2. 銀行系のおすすめは地方銀行、ただし注意が必要な点がひとつアリ
  3. 消費者金融系は僅差の勝負、選び方はあなた次第

今回はおまとめローンについて銀行員がわかりやすく説明していきます。

また銀行系と消費者金融系でおまとめローンをそれぞれ3つ紹介します。

これは銀行員目線で客観的におすすめできるものばかりなので、是非参考にしてください。

クリックできる目次

まず簡単に「おまとめローン」をおさらい

そもそも、おまとめローンとは?

おまとめローンとは、複数ある借入れを一本化するローンの総称です。

「おまとめローン」
「借り換えローン」
「乗り換えローン」

など呼び方はさまざまですが、今回は複数借入れを一本化するという意味が強い「おまとめローン」に統一します。

おまとめローンは、複数借入れがある人の融資残額の合計(残債といいます)と同額を新規融資で借入れて、残債を完済するというものです。

借り換えと同じように感じるかも知れませんが、他の銀行借入(住宅ローンなど)よりも安い金利、よりよい条件で融資を受け、他行融資を完済するのが借り換えです。

おまとめローンと総量規制の関係

おまとめローンは銀行、消費者金融とも商品内容には大差がありません。

しかし決定的な違いがひとつ、それは「貸金業法の総量規制」との関係です。

「銀行系おまとめローンは総量規制対象外です」
「消費者金融系のおまとめローンは総量規制対象外です」

並べると同じように見えますが、細かく見ると総量規制との関係で大きな違いがあります。

総量規制とは「年収の3分の1以上になる貸付をしてはいけない」と貸金業者に対し規制しているものです。

貸金業者は消費者金融、ノンバンクなどで貸金業法により規制されます。

銀行は総量規制の対象外

銀行は貸金業者ではないので、貸金業法の規制を受けません。

したがって銀行はそもそも総量規制の対象ではないのです。

消費者金融は総量規制の対象

いっぽう消費者金融系のおまとめローンは、貸金業者の貸付けなので総量規制の対象になります。

しかし、「顧客に一方的に有利になる借換」なので総量規制の「例外貸付」に該当し、規制対象外となるものです。

「銀行は貸金業者ではないので、貸金業法の総量規制対象外」
「消費者金融は総量規制の対象だが、おまとめローンは例外貸付で総量規制対象外」

後半の内容に関係しますので、この違いは是非覚えておいてください。

顧客(あなた)に一方的に有利になる借換とは?

貸金業法の総量規制では「除外貸付け」と「例外貸付け」があり、この2つは総量規制の対象外になっています。

「除外貸付け」は生活に必要不可欠な借入は総量規制から除外するもので、住宅ローンや自動車ローン、高額療養費の借入などが該当し、いずれも総量規制の対象外になります。

では次に、「顧客に一方的に有利になる借換」が含まれる例外貸付について説明します。

総量規制の「例外貸付」とは?

複数の借入れを一本化する、いわゆる「おまとめローン」は、法令が規定する「一定の条件」を満たせば、「顧客に一方的有利となる借換え」として総量規制の「例外貸付け」に該当します。

次の貸付けは、顧客の利益の保護に支障を生ずることがない貸付けとして、総量規制の「例外貸付け」に分類されます。

(中略)

①顧客に一方的に有利となる借換え

(中略)

引用元:総量規制の「例外貸付け」に分類される契約【日本貸金業協会】

「一定の条件」を満たすことで、あなたは貸金業者から「年収の3分の1」を超えてお金を借りることができます。

「顧客に一方的に有利になる借換え」一定の条件とは?

複数の借入を一本化するおまとめローンは、「一定の条件」を満たせば「顧客に一方的に有利になる借換え」として総量規制の例外貸付になります。

以下、日本貸金業協会の説明がわかりやすいので引用しました

総量規制の「例外貸付け」に該当する「借換え」であるための条件(一部・概要)

(1)借換えの対象となる債務は、貸金業者からの借入債務全般。銀行からの借入債務や親族・知人などからの借入債務は対象になりません。
(2)「借換え後」の金利が、借換え前の金利を上回らない。
(3)返済方法は、約定に基づく返済により段階的に残高を減らしていくことを要件とする。
(4)1か月の負担額について、借換え後の負担額が、借換え前の負担額を上回らない。
(5)担保・保証に係る要件について、借換え後の条件が、借換え前の条件より厳しくならない。  

引用元:日本貸金業協会

ではこの「一定の条件」を貸金業者側から表現するとどうなるでしょう?

  1. 借換え前より金利を高くできないので、利ザヤがそれほど取れない
  2. 貸したら返済させるだけで、増額や新規融資はできない
  3. 前の返済条件より緩くしなければならない(返済回数など)
  4. 担保や保証人を新たに追加できない

金利や返済条件を緩くしなければならず、また増額や新規融資ができないうえに、担保など回収できないときの保全策も求められません。

これでは「貸金業者に一方的に不利となる借換え」であり、したがって顧客(あなた)にとっては「一方的に有利」なのです。

それでも貸金業法で定められているので、顧客から申込があれば対応しなければならず(もちろん審査に通った場合ですが)消費者金融会社もホームページなどで宣伝しています。

以下、代表的な業者とローン商品名を紹介します。

貸金業法に基づく総量規制の「例外貸付」に該当するおまとめローン

アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン
レイクALSA 貸金業法に基づく完済応援プラン(借換えプラン)
アイフル 貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン「おまとめMAX」

上記のように「貸金業法に基づく」が共通で、各社アピールしていることがわかります。

「銀行系」と「消費者金融系」おまとめローンの違い

「銀行は貸金業者ではないので、貸金業法の総量規制対象外」
「消費者金融は総量規制の対象だが、おまとめローンは例外貸付で総量規制対象外」

<おまとめローンと総量規制の関係>でお話ししたことが、ここでも登場します。

銀行は、そもそも貸金業法で規制されませんのでおまとめローンは自由設計が可能です。

それに対し貸金業法で規制される消費者金融系は、規制の中で規制に沿った商品設計をしています。

具体的には、次のように3つの違いがあります。

銀行系と消費者金融系おまとめローンの違い

1 銀行系は金利、返済条件が前より悪くても関係なし 消費者金融系は前より緩くないとダメ
2 銀行系は地銀がリード(近くの住民しかできない) 消費者金融系は全国どこでもOK
3 銀行系は意外となんでも借換えOK 消費者金融系は金融機関(消費者金融も含む)借換だけ

比較表

上記も含め、ここで銀行系と消費者金融系おまとめローンの違いを一覧表にしました。

- 主な取扱 借換え前後の 金利や返済条件 借換えできる借入 借換えに追加借入できる?
銀行系 地方銀行 悪くなるのは 可 意外と何でもOK 不可*カードローンなら可能
消費者金融系 大小さまざま 消費者金融会社 悪くなるのは 不可 金融機関からの借入だけ 不可

比較表の説明

銀行系では地方銀行が主流です。

メガバンクと地銀では商売する目線が違い、収益悪化に苦しむ地銀では新たな分野である借換えに足を踏み入れたと言えます。

借換え後に条件が悪くなっても銀行系では気にしません。

これは貸金業法の規制を受けないからで、基本的にお客様が納得すれば良いのです。

借換えできる借入についても、銀行系では他の銀行借入、クレジット、そして消費者金融の借入までと幅広く、意外と何でもOKです。

例えば個人間の借入も対象で、例えば金利など明確に決まっていない親子間の借入も対象にしているほどです。

銀行系のおまとめは、あなたにとって有利にならなくても良い

銀行系では以前の条件を考慮しなくていい、つまり「顧客に一方的に有利」でなくても良いのです。

例えばあなたの実家が資産家、3人兄弟の長男でお母さんから借金をしているとして、将来相続のとき不利にならないように、銀行おまとめローンを使って母親からの借金を借換えることもできます。

母から借金していなければ、兄弟で話し合うときの足かせにならないでしょう。

このように、銀行系おまとめローンのメリットは「金利だけじゃない」面もあります。

おまとめは追加融資が出来ない

おまとめローンでは、銀行系でも消費者金融でも追加融資はできません。

ただし銀行系カードローンで消費者金融借入などを完済すれば、これも「おまとめ」であり、カードローン限度に空きがあれば、当然追加の借入も可能です。

銀行系カードローンはお金の使いみちが原則自由(事業資金は不可)というものが多いので、ネット記事では、銀行系おまとめローンの上位に銀行系カードローンをあげている記事もあります。

しかし使いみちは自由でも、おまとめに使って良いと明記されているわけではありません。

銀行に「カードローンをおまとめに使って良いですか?」と質問すれば、おそらく良いとも、悪いとも答えられないと思います。

ですから銀行系カードローンをおまとめローンに分類する考えかたに、銀行員は賛同できません。したがって今回のおすすめにも、銀行系カードローンは入っていません。

銀行系、消費者金融系はどちらを選ぶ?

「銀行系、消費者金融系 どちらを選ぶべきか?」

その答えは

「時間と自信があるなら銀行系、なければ消費者金融系」

を選択するのが賢明だと考えます。

金利 審査 その他
銀行系 低い 厳しい 審査時間は長い
消費者金融系 高い (銀行より)緩い 借換え前より条件は良くなる

しかしこのように比較した正直な実感は「正解はない」というのが答えかも知れません。

正解はないと答えるのは卑怯と思われるかも知れませんが、ここはメリットデメリットを比較して慎重に考えて頂きたいのです。

そして、その選択に参考となるよう銀行員としておすすめできるものを3つずつ紹介していきます。

繰り返しになりますが、しがらみや誘導する意図はありません。客観的に説明するつもりですので、どうか信じていただき、読み進めてください。

銀行員がおすすめする銀行系おまとめローン3選

ところで最初に申し上げますが、おすすめ3選はすべて地方銀行です。

紹介するおまとめローンは、原則銀行営業圏内の人しか契約できませんので、ここが注意点です。

しかし、地域限定というデメリットがあっても銀行員としては魅力を感じ、この順位としました。

第1位:東京スター銀行「おまとめローン(スターワン乗り換えローン)」

東京スター銀行

東京都港区に本店がある地方銀行(第二地銀)東京スター銀行の『おまとめローン(スターワン乗り換えローン』は、金利が12.5%の一律適用という「わかりやすさ」で1位に選びました。

「おまとめはカードローンを使わずに、おまとめローンを使うべき」
「追加融資はできない」

と明記されているところがわかりやすさと、同時に安心感もあります。

また過払い金請求の説明があり、おまとめする前に自分が該当しないか調べて見ては?と目立つよう記載している点。

また、多重債務者にならないよう注意喚起しているところなど、おまとめローンを考える人の立場を考えた構成になっているところにも好感を持てました。

商品概略

  • 20歳以上65歳未満
  • 給与所得者(契約社員、派遣社員も可) 自営業、パート、アルバイトは申込不可
  • 年収200万円以上
  • 借換えできるのは金融機関借入(銀行・信用金庫・労働金庫等と、信販会社・消費者金融等) *事業性資金は除く
  • 借入金額 最大1,000万円まで
  • 返済期間10年
  • 金利年12.5%(一律)
  • 保証会社保証付、保証料は金利に含まれる
  • 団体信用生命保険 取扱なし

参照:東京スター銀行「おまとめローン(スターワン乗り換えローン)」

第2位:高知銀行「こうぎんセレクトローンZEYO」

高知銀行

高知県高知市に本店がある地方銀行(第二地銀)高知銀行のおまとめローン『こうぎんセレクトローン ZEYO』はおまとめローンでありながら返済のみ(フリーローン)とカードローンタイプ(追加借入可能)が選べるところ、おまとめでも追加借入可能と明記している点で2位にしました。

追加借入について、上記「銀行系カードローンはおまとめローンではない」という意見を翻すわけではありません。

銀行系の一般的なカードローンは「原則使いみち自由」でおまとめには言及していません。

しかし「こうぎんセレクトローン ZEYO」はおまとめローンでカードローン形式も選べるという商品で、おまとめローンなのに追加借入可能!と言い切っている(さすが坂本龍馬のふるさとでZEYOとネーミングしている)潔さを判断材料にしました。

商品概略

  • 20歳以上65歳以下
  • 給与所得者(契約社員、派遣社員の記載はないが、下記職種可なのでこちらも可と推測)
  • 自営業、パート・アルバイト(学生含む)、年金受給者、嘱託なども申込可能
  • 年収基準は明記無し(継続して安定した収入のある方)
  • 借換えできるのは金融機関借入(銀行・信用金庫・労働金庫等と、信販会社・消費者金融等) *事業性資金は除く
  • 有担保タイプの商品では、親族からの借入を借換えすることも可能
  • 借入金額 最大1,000万円まで
  • 返済期間15年(カードローンタイプは3年自動更新)
  • 金利 年4.5% 、8.5%、10.8%、12.8%、14.0% 、14.5%から審査により決定
  • 保証会社保証付、保証料は金利に含まれる
  • 団体信用生命保険 取扱なし

参照:こうぎんセレクトローン ZEYO

第3位:横浜銀行「横浜銀行フリーローン」

横浜銀行

神奈川県横浜市に本店がある地方銀行、横浜銀行のおまとめローン『横浜銀行フリーローン』は、おまとめローンと目的型ローンの性格を併せ持っています。

目的型ローンとは自動車や家具家電など耐久消費財購入から旅行、出産費用まで住宅以外の生活上使いみちが決まっている借入のことです。

『横浜銀行フリーローン』では①自動車購入200万円+②おまとめ300万円=計500万円を借り入れて分割返済していく形式です。

ただしカードローンタイプではないので、追加借入はできません。

おまとめローンはあっても、自動車など目的型ローンとは区別している銀行が多い中、こちらも異色な商品であること、そして何と言っても日本最大の地方銀行というネームバリューがあることも魅力です。

商品概略

  • 20歳以上69歳以下
  • 給与所得者(契約社員、派遣社員の記載はないが、下記職種可なのでこちらも可と推測)
  • パート・アルバイトも可。学生は不可。年金受給者も含む
  • 自営業可(年収確認資料として青色申告書の記載があるので)
  • 年収基準は明記無し(継続して安定した収入のある方)
  • 借換えできるのは金融機関借入(銀行・信用金庫・労働金庫等と、信販会社・消費者金融等) *事業性資金は除く
  • 借入金額 最大1,000万円まで
  • 返済期間10年
  • 金利 借入金額100万円以下年14.6%~借入金額1000万円 で年1.9%まで審査により決定
  • 保証会社保証付、保証料は金利に含まれる
  • 団体信用生命保険 取扱なし

引用:横浜銀行フリーローン

銀行員がおすすめする消費者金融系おまとめローン3選

消費者金融系のおまとめローンは、商品性など千差万別であると同時に、大きく違ったところがなく「僅差の勝負」となっています。

どこに魅力を感じるか?良くも悪くも選び方はあなた次第になってしまいます。

しかし、少しでも選択の参考になるようにと考えて、選びました。

第1位:アイフル「貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン「おまとめMAX」」

アイフル

独立貸金業者であるアイフル(株)のおまとめローン「貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン おまとめMAX」の商品説明は顧客に一方的に有利になる借換えであることを前面に出しています。

今回おすすめに選んだ上位2社は

①顧客に一方的に有利になる例外貸付
②全金融機関のおまとめと消費者金融限定のおまとめ2種類があること

の2つがともに明記されています。

アイフルは最も前面で強調していることに好感が持てたので1位に選びました。

また、おまとめローンも貸金業法で2種類定められていることも記載されています。

①貸金業者(消費者金融系)と銀行、クレジットなど金融機関借入すべてのおまとめ
(「貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号」によるおまとめ)
②貸金業者(消費者金融系)の借入に限定したおまとめで、銀行、クレジット等は対象外。
(「貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号の2」によるおまとめ)

商品概略

  • 20歳以上(上限記載なし)
  • 年収基準は明記なし(定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方)
  • 借換えできるのは①すべての金融機関借入 ②消費者金融系借入限定の2種類
  • 借入金額 最大800万円まで
  • 返済期間10年
  • 金利 3.0%~17.5%(実質年率※)審査により決定 
  • 保証会社保証なし(消費者金融は原則保証会社なしです)
  • 団体信用生命保険 取扱なし

※実質年率とは金利に手数料、保証料などの諸経費を加えた利率のことです

引用:貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン

第2位:新生パーソナルローン「おまとめローンかりかエール」

新生パーソナルローン

新生銀行グループの貸金業者である新生パーソナルローン(株)のおまとめローン「おまとめローン かりかエール」はインパクトではアイフルに譲るものの、こちらも①顧客に一方的に有利になる例外貸付②全金融機関のおまとめと消費者金融限定のおまとめ2種類があることがしっかり説明されています。

ホームページではこうした説明をすべて読まないと(スクロールしないと)商品説明にたどり着かないほどで、親切すぎるくらいしっかり説明されている点で2位に選びました。

商品概略

  • 20歳~70歳まで
  • 年収基準は明記なし(安定収入のある方)
  • 借換えできるのは①すべての金融機関借入 ②消費者金融系借入限定の2種類
  • 借入金額 最大400万円まで
  • 返済期間8年
  • 金利 10.5%~18.0%(実質年率)審査により決定
  • 保証会社保証なし
  • 団体信用生命保険 取扱なし

引用:貸金業法に基づくおまとめローン|新生パーソナルローン株式会社【公式】

第3位:プロミス「おまとめローン」

プロミス

SMBCグループ傘下の「SMBCコンシューマーファイナンス(株)」のブランド名・プロミス(以下プロミスで統一)のおまとめローン、商品名もそのままの「おまとめローン」は消費者金融系の借入限定のおまとめローンです。

銀行など全金融機関のおまとめができないことで上位2社に及びませんが、消費者金融系のおまとめを考えているなら比較対象として他社に遜色はありません。

またメガバンク傘下という安心感もあり3位としました。

商品概略

  • 20歳~65歳までご本人に安定した収入のある方
  • 年収基準は明記なし(安定収入のある方)
  • 主婦、学生、パート、アルバイトでも申込み可
  • 借換えできるのは消費者金融系借入限定
  • 借入金額 最大300万円まで
  • 返済期間10年
  • 金利 6.3%~17.8%(実質年率)審査により決定
  • 保証会社保証なし
  • 団体信用生命保険 取扱なし

参照:プロミス「おまとめローン」公式サイト

まとめ

  • 銀行系は金利、返済条件が前より悪くても関係ないが、消費者金融系は前より緩くなければダメ
  • 銀行系は地銀が主体なので近くに住んでいないと契約できないが、消費者金融系は全国どこでもOK
  • 銀行系は意外となんでも借換えできるが、消費者金融系は金融機関(消費者金融も含む)の借換だけ

銀行、消費者金融など返済が重なり今すぐ何とかしたいと考えている人なら、やはり審査面、時間の早さで消費者金融系のおまとめローンがおすすめです。

特に消費者金融系の借入が重複して苦しいなら、やはり金額の大きいもの、返済期間が長いおまとめローンを選んだほうが良いでしょう。

おまとめローンを利用すると、借り換えすることで総体の支払金利は増加するかも知れません。

おまとめして返済期間が長くなれば、延長した分余分な金利を払うことになるからです。

しかし、苦しい返済が改善され、毎月返済と精神的な負担も軽減されるならこちらも「金利だけじゃない」メリットがあると思います。

-おまとめ(借り換え)ローン

Copyright© カードローンのいろは , 2020 All Rights Reserved.