中小消費者金融

スカイオフィスの審査や口コミを解説

スカイオフィスの審査や口コミを解説

福岡県の博多市に本社がある消費者金融「スカイオフィス」。

スカイオフィスは中小の消費者金融なので、大手消費者金融で既に借りている方が、次に検討するケースが多いです。

ここでは、消費者金融「スカイオフィス」の審査や申し込み、オススメ出来る人、口コミについて解説します。

クリックできる目次

スカイオフィスの基本データ

融資金額 1万円~50万円
金利 (実質年率) 15.0%~20.0%
遅延損害金 (実質年率) 15.0%~20.0%
地域制限 なし(全国OK)
返済方法 元利均等方式
担保 不要
連帯保証人 原則不要
利用目的 原則自由

「スカイオフィス」は、来店不要で全国から申し込み、契約可能です。

福岡県博多市が本社のため、地域密着型の消費者金融として、九州地方の方は審査に優遇される傾向があるようです。

カードローンのように繰り返しの利用はできず、審査結果で決まる融資限度額での利用しかできません。

1万円という小口から利用可能なのは魅力的ですが、金利は法定金利ギリギリの高めに設定されています。

スカイオフィスの審査

スカイオフィスの審査

「スカイオフィス」の審査は、柔軟性はあるものの、誰でもOKという甘さはありません。

「審査が甘い」「ブラックでもOK」と言われる「スカイオフィス」ですが、貸金業法という法律や、社内の規定に沿って審査をしています。

「スカイオフィス」の審査は、大手消費者金融と同様に自動審査の「スコアリングシステム」を採用しています。

スコアリングシステムは、多数の申し込みを短時間でさばくために、一定の規定を外れる申し込みは、コンピューターで否決(断り)されるしくみになっています。

「スカイオフィス」では、大手のようにスコアリングシステムを採用していながらも、金融事故履歴があるからといって、自動で否決にされることはありません。

債務整理や自己破産が完了していて、延滞なく返済を行えていれば、融資OKになる場合があります。

そのためブラックOKと言われたり、融資が可能になる確率は高くなり、審査が甘いと言われるのです。

審査時間

「スカイオフィス」は振込み融資まで最短30分と、とてもスピーディーです。

公式サイトでも9:00~14:00までに申し込みをすれば、即日融資OKとなっています。

大手の消費者金融では審査時間が最短30分のところはありますが、融資までの時間は最短でも1時間はかかります。

中小の消費者金融は、融資までの時間が何日間はかかるというところも多い中で、かなりのスピードです。

在籍確認

在籍確認は必須

電話確認の有無

「スカイオフィス」の在籍確認は必須です。

仮審査に通過すると、在籍確認として指定の連絡先へ電話が来ます。

「スカイオフィス」のインターネット申し込みの際、勤務先の内容入力は必須項目になっていません。

これは審査がOKであれば、その際に確認されるので、申し込みの段階では必要ないということです。

勤務先への確認は電話連絡

「スカイオフィス」の勤務先への在籍確認は、電話で行われます。

ただし個人名での連絡になるので、「スカイオフィス」からの借り入れがバレてしまうリスクはかなり低いです。

勤務先への個人宛の電話が不安な場合は、あらかじめ会社に自分宛の連絡が来ると言っておいたり、確認の時間帯や、男女のどちらがよいかなどを、「スカイオフィス」の担当者にあらかじめ相談してみるとよいでしょう。

在籍確認なしでお金を借りることは可能?

審査に落ちた場合

審査で否決になった場合、「スカイオフィス」からの連絡はほとんどありません。

申し込みをして半日程度待っても連絡がなければ、残念ながら審査に落ちたと考えましょう。

気になるようであれば、1時間~2時間程度でこちらから連絡してみましょう。

スカイオフィスの「審査に落ちる」のはこんな人

「スカイオフィス」の審査に落ちるのはこんな人

  1. 総量規制以上の借り入れがある
  2. 無職である
  3. 他社延滞中

1. 総量規制以上の借り入れがある

貸金業法により収入の3分の1を超える借り入れはできません。

これは正規の消費者金融であれば、絶対に守らなければいけない法律です。

この法律に違反すれば、貸金業者が行政処分などの厳しい罰則を受けることになります。

2. 無職である

総量規制とも関係しますが、無職の方は借り入れはできません。

融資条件にも「安定した収入」とありますので、無職だったりパート・アルバイトをしていない専業主婦(主夫)は申し込みすらできません。
(ただし配偶者に同意を得られれば、必要書類を提出して配偶者貸付が可能です)

3. 他社延滞中

たとえ1日であっても、申し込み時に他社の借り入れを延滞している場合は、問答無用で即否決です。

これは一般的に、どんなに甘いと言われている、ブラックOKのような中小の消費者金融にも当てはまります。

まずは延滞中でないことが、申し込みの条件になると考えておきましょう。

スカイオフィスを「おすすめ出来る人」

スカイオフィスを「おすすめ」出来る人

スカイオフィスをおすすめ出来る人とは、どんな人なのでしょうか?

  1. 既に大手消費者金融、中堅消費者金融で借り入れ済みである
  2. とにかく早く手元にお金が欲しい
  3. 九州地方に居住している

1. 既に大手消費者金融、中堅消費者金融で借り入れ済みである

「スカイオフィス」は金利が高く、限度額が低いです。

ローンカードはなく、繰り返しの利用ができません。

大手消費者金融や、中堅の消費者金融で既に借り入れ済みで、さらに融資を希望しているけれど、審査が不安な方は、「スカイオフィス」が良いでしょう。

ただし、ブラックや総量規制オーバーは基本的にNGです。

2. とにかく早く手元にお金が欲しい

「スカイオフィス」は、融資までのスピードが早いです。

最短30分で、指定口座へ振込みが可能です。

平日9時~14時の間に申し込みをすれば、即日融資が可能です。

3. 九州地方に居住している

「スカイオフィス」の本社は、福岡県の博多市にあります。

地域密着型の消費者金融「スカイオフィス」は、九州地方に居住していると審査に優遇されるようです。

審査が甘くなるというよりは、来店しやすく、土地勘もあるので、スムーズに審査ができるといったところでしょう。

スカイオフィスの審査から申し込み・借り入れまで

申し込みの流れ

申し込みの流れ

① 申し込み

「スカイオフィス」の申し込みは、公式サイトの申し込みフォーム「お申し込みはこちら」をクリックし、必須項目を入力して送信します。

電話での申し込みも可能ですが、フリーダイヤルはなく一般の電話番号しかないので、携帯やスマホからだと料金がかかってしまいます。

② 審査

主に信用情報のチェックが行われます。

③ 折り返し連絡

勤務先の詳細などを確認します。

④ 本審査

勤務先の在籍確認は、電話で行われます。

⑤ 契約

限度額や返済についての説明があります。

⑥ 融資

指定口座へ振込みされます。

⑦ 書類返送

届いた書類に記入後、必要書類を同封して返送します。

必要書類について

「スカイオフィス」の必要書類は、本人確認書類と収入証明書類のコピーです。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート など

収入証明書類

  • 直近2ヶ月分の給料明細書
  • 源泉徴収票 など

これらを、記入した契約書類と一緒に「スカイオフィス」へ郵送します。

土日祝日の利用について

土日祝日は審査や契約は不可

「スカイオフィス」は、残念ながら土日祝日は営業していません。

無人契約機もないので、土日祝日に審査や契約はできません。

インターネットからの申し込みは24時間OKですが、「申し込みのみ」のため、審査から契約、融資は平日の営業時間内になります。

平日14時以降の融資申し込みは翌営業日扱い

融資は振込みのみで、ネットバンクとの提携はありません。

土日祝日はもちろん、平日の14時以降の申し込みの際も、翌営業日の手続きとなります。

特に週末の申し込みは、翌営業日だと週をまたいでしまい、時間がかかるので注意が必要です。

スカイオフィスの借り入れと返済

借り入れ方法は、銀行振込みのみです。

ローンカードは存在せず、追加の利用は原則出来ないので、増額を希望する場合は、電話連絡をして再度審査が必要です。

増額希望の場合、最低限「半年以上の遅延のない返済」が必要となります。

返済に関しても、ローンカードの発行はないため、毎月任意の日に「スカイオフィス」の指定口座への振込みになります。

手数料は自己負担です。

スカイオフィスはヤミ金ではない

スカイオフィスは闇金ではない

「スカイオフィス」は正規の貸金業者です。

中小の消費者金融といえば、大手と比べると、審査の規定が多少甘くなるというメリットの変わりに、本当に正規の消費者金融かわからないから心配だというデメリットがあります。

大手の場合は、テレビCMなどでお馴染みなので、ヤミ金業者もうかつに真似をしたりはしません。

しかし知名度が低い中小の消費者金融の場合、サイトを真似てヤミ金に申し込ませるような悪徳な手口が多発しています。

中小の場合は宣伝費用をかけていないので、テレビやメディアで見る機会がほとんどなく、実際に正規の業者かどうかがよくわかりません。

ヤミ金ではない理由

知名度の低い中小の消費者金融が正規の貸金業者かどうかを確認するには、いくつかのコツがあります。

金融庁のホームページで調べる

金融庁のホームページ内にある「登録貸金業者情報検索入力」に番号や社名を入力して調べます。

参照:登録貸金業者情報検索入力

「スカイオフィス」は登録番号が福岡県知事
(4)第08437号、日本貸金業協会会員番号は第001567号

これは、福岡県知事の許可を得て、営業しているということです。

公式サイトの内容を照合する

さらに「スカイオフィス」の公式サイトと、ここに記載のある住所、電話番号を照らし合わせてみると、しっかりと一致しているので、正規の貸金業者であり、公式サイトも正しいことが分かります。

公式サイトには代表者の氏名は記載がありませんが、「登録貸金業者情報検索入力」から内容を確認していくと、きちんと記載されているので安心です。

(4)は更新した回数で、3年ごとに数字が増えます。

つまり12年分は更新されていて、少なくとも9年は営業しているということです。

公式サイトのCopyright(発行年号)も2007年になっており、少なくとも10年前から営業しているということになるので、安心できますね。

金利を確認する

「スカイオフィス」の金利は、年利15.0%~20.0%となっています。

この金利は利息制限法や出資法といった、法律と照らしても違法金利ではありません。(借入額10万円未満は年20.0%、10万円以上100万円までは年18.0%まで)

正規の貸金業者ではない場合は?

正規業者でなければ「ヤミ金」

正規の貸金業者ではない、イコール「ヤミ金」です。

仮にヤミ金に申し込んでしまうと、10日で10割の金利を取るような法外な利息と、恫喝などの法外な取り立てに悩むことになります。

これは冗談ではなく、実際に人生が狂ってしまうので、絶対に気を付けなければいけません。

審査に通らなくても、身分証明書のコピーなどを送ってしまえば、事件などに巻き込まれる可能性もあります。

正規業者を装っている「ヤミ金」に注意

ヤミ金は正規の中小の消費者金融の公式サイトを真似ている場合もあるので、申し込みには注意が必要です。

仮に間違えて申し込んでしまったら、弁護士か警察へ即連絡しましょう。

ブラックでも借り入れ可能?

ブラックはNG

「スカイオフィス」は、基本的にブラックNGです。

ブラックでも借り入れが出来るとも言われている「スカイオフィス」ですが、ブラックと呼ばれる内容は、会社や状況によっても異なります。

基本的に「ブラック」とは、金融事故として長期延滞や債務整理、自己破産した内容が信用情報に記載されている状態のことです。

その場合、貸付はNGです。

完了した過去のブラックはOKになるケースも

しかし、それが過去の内容ですでに完了していれば、貸付OKになるケースもあるようです。

大手の場合は、金融事故の記載があれば、進行中でも過去の内容であっても、その場で審査は終了になります。

問い合わせブラックもNG

さらに申し込み件数が多くても、問い合わせブラックとしてブラック扱いになります。

この問い合わせに関しては、最低半年は登録されてしまうので、半年間に3件以上の申し込みは控えましょう。

対応が悪いとの口コミはホンモノ?

「スカイオフィス」の対応は、はっきりいって良くありません。

大手消費者金融しか利用したことのない方にとっては「スカイオフィス」の対応はビックリすると思います。

言葉遣い

スカイオフィスの場合

「スカイオフィス」の電話対応は、はっきりいって接客とは言えないような対応をする担当者が多いようです。

かろうじて敬語を使ってはいるものの、上から目線で話をしてきたり、説明をするのを面倒くさがったり、ため息をついたり、中には敬語すら使わない担当者もいるようです。

中小の消費者金融でも、接客はしっかりしているところが多いのでとても残念です。

「スカイオフィス」の電話対応は良くないというのは残念ながら口コミ通りなので、利用する際は、インターネットでの申し込みをおすすめします。

大手消費者金融の場合

一方、大手消費者金融のオペレーターは、言葉遣いからして違います。

かつて大手消費者金融の傘下にあった中小の消費者金融で働いていたのですが、入社してから、電話を取るようになるまでに研修期間があり、徹底的に叩き込まれました。

もちろん社内や支店間の電話も同様でした。

お客様にとっては、電話に出た自分が会社の顔となるのだと教わり、ビジネスマナー研修などもあったので、かなり徹底していました。

心構え

「スカイオフィス」は、「お客様」という考えがかなり薄いようです。

そのため「融資してあげている」といった態度を隠すことなく出してきます。

「スカイオフィス」に申し込む方は、大手消費者金融からも何件か借りていて、中小の有名どころの消費者金融で借りているか、そこで断られてしまっているような方が多いです。

そんな事情も充分理解しての対応と言えます。

紹介には注意!

ちょっと気になる口コミの中に「紹介屋」という内容のものがあります。

「スカイオフィス」での契約はできない代わりとして、

  • 「弁護士」
  • 「他の会社を紹介する会社」
  • 「携帯電話の現金化」

を紹介するといった内容です。

これらは紹介した先で契約が成立すれば、契約先から紹介料として「スカイオフィス」へ手数料が入るシステムになっています。

会社なのか個人に手数料が入るのかは分かりませんが、申し込み者にとってメリットは一切ありません。

運が悪ければ、ヤミ金に申し込むことになる恐れもあります。

「スカイオフィス」が直接違法行為をしているわけではありませんが、この紹介先を利用するのは絶対に止めましょう。

まとめ

「スカイオフィス」は金利も高めで、限度額は最高で50万円と低い消費者金融です。

もし他社での借り入れがギリギリ3件程度までであれば、無利息期間のサービスや、ローンカードやコンビニ提携もあり、繰り返しの利用ができる大手消費者金融がおすすめです。

それ以上の借り入れがあり審査が不安で、なおかつ借り入れを急いでいる方には「スカイオフィス」は良いでしょう。

大手消費者金融を1番手と考えるのであれば、有名どころの中堅の消費者金融を2番手と考え、「スカイオフィス」はさらにその次の3番手として利用することをおすすめします。

◆目的別で探す◆

-中小消費者金融

Copyright© カードローンのいろは , 2019 All Rights Reserved.