総量規制

総量規制対象外のカードローン特集|おまとめローン・銀行系6社を比較

総量規制対象外カードローンでお金を借りたい人はコチラ

女性管理人
女性管理人

こんにちわ「カードローンのいろは」管理人の友美(@cardloan_iroha)です。

「総量規制」とは、収入の3分の1以上を貸付してはいけないという貸金業法の決まりです。

過剰貸付が社会問題化したことを理由に、2010年より施行されました。

しかし、おまとめローンや銀行系のカードローンなど、総量規制の対象外となる商品も存在します。

この記事では、消費者金融3社のおまとめローンと、銀行系カードローン3社についてまとめました。

はじめに、総量規制とは?

「借り入れは年収の3分の1まで」という貸金業法のルール

総量規制対象外について

総量規制とは「個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組み」です。

ひと昔前、消費者金融業界の過剰貸付と法外な取り立てが、大きな社会的問題になりました。

追い詰められた債務者が「自己破産」や「自殺」に追いやられる事態が頻繁に起こった為です。

もちろん「異常に高い金利」と「違法な取り立て」は問題ですが、簡単に借り入れができてしまう状況(ルールがない状態)が問題でした。

返せる以上のお金を簡単に借りれてしまう状態を打破すべく「総量規制」が導入され、借り入れの規制を”厳格に”行うようになりました。

総量規制とは?について、さらに詳細な内容はコチラ☟

総量規制(そうりょうきせい)とは?を丁寧に解説

消費者金融の除外・例外となる商品

消費者金融の除外と例外

消費者金融でも「除外」「例外」として、総量規制の対象にならない商品があります。

1.除外(住宅ローンなど)

  • 不動産購入や不動産の改良のための貸し付け
  • 自動車購入時の自動車担保貸し付け
  • 高額療養費の貸し付け
  • 有価証券担保の貸し付け
  • 不動産担保の貸し付けなど

一般的に住宅ローンやマイカーローンなど、担保のある貸付に関しては、支払いが滞っても最悪担保があるため除外として貸付が認められています。

2.例外(おまとめローンなど)

顧客に有利になるものは例外

  • 顧客に一方的に有利になる貸し付け
  • 緊急の医療費の貸し付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸し付けなど

例外に関しては、社会的にやむを得ない事情や、債務者にとって有利になる場合に認められています。

ここで注目したいのが「顧客に有利になる貸し付け」です。

これは「借り換え」や「おまとめ」とよばれていて、

  • 複数社の借り入れを1社にまとめることで金利が下がる
  • 返済総額が少なくなる

など、借り入れ中の顧客にとっての負担が少なくなり、有利になる場合は総量規制の例外となります。

銀行系カードローンは対象外だが...

銀行系カードローンの自主規制までの流れ

銀行には「銀行法」という法律があるので、貸金業法の総量規制はあてはまりません。

銀行系のカードローンは「総量規制対象外」で、消費者金融に比べ「金利が低い」「銀行ブランドがある」などメリットが多い金融商品です。

融資の審査は消費者金融と比べて難しいと言われているものの、消費者金融と比べると上限金利が平均年4.0%近くも低く、しかもスピーディーということで、多くの顧客が消費者金融から銀行系のカードローンへと動きました。

さらに、2010年の総量規制の施行によって、消費者金融での借り入れが不可能になってしまった専業主婦も、少ない金額ながらも契約可能な銀行カードローンを利用するようになりました。

銀行系カードローンは自主規制を始めた

銀行系カードローンの「過剰貸付」問題

使い勝手の良い銀行系カードローンの顧客数が増えていったことによって、過剰貸付が問題になってきたのです。

2016年には、日弁連が下記の意見書を内閣総理大臣などに提出しています。

銀行等による過剰貸付の防止を求める意見書

本意見書について
日弁連は、2016年9月16日付けで銀行等による過剰貸付の防止を求める意見書を取りまとめ、同年10月12日に内閣総理大臣、内閣府特命担当大臣(金融)、衆参両議院議長、全国銀行協会会長へ提出しました。

本意見書の趣旨
第1 意見の趣旨
1 金融庁は、「主要行等向けの総合的な監督指針」及び「中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針」において、銀行、信用金庫、信用組合等の金融機関(以下「銀行等」という。)が貸金業者による保証を付した消費者向け貸付けを行う際には、改正貸金業法の趣旨を踏まえて、原則として、借入残高が年収の3分の1を超えることとなるような貸付けを行わないようにすべきことを明記すべきである。

2 銀行等は、貸金業者による保証を付した消費者向け貸付けを行う際には、貸金業法13条の2に規定するいわゆる総量規制など貸金業法の趣旨を踏まえて、原則として、借入残高が年収の3分の1を超えることとなるような貸付けを行わないようにするなど、銀行等による貸付けが顧客にとって過剰な借入れとならないように、顧客の実態を踏まえた適切な審査態勢を構築すべきである。

3 国は、貸金業法13条の2等の規定を改正する等により、貸金業者が自ら貸付けを行う場合のほか、銀行等の行う貸付けに保証を付す場合についても総量規制の対象とすべきである。

引用元:日本弁護士連合会ホームぺージ

そして、銀行系カードローンでお金を借りた人の「自己破産件数が増えた」ことを原因に、2018年の1月より貸し付けの自主規制が始まりました。

メガバンク各社の自主規制の内容

2018年1月より、銀行による自主規制が開始されました。

大手メガバンクでは、カードローンにおける審査や条件が消費者金融の総量規制なみに厳しくなっています。

公式ページをみても「即日融資」や「収入証明書不要」の文字は消えました。

大手メガバンクの自主規制の詳細については次の通りです。

みずほ銀行

  • 審査回答…本人確認後最短翌営業日
  • 自主規制…融資上限額を年収の1/2→1/3へ縮小
  • 収入証明書の提示…希望額200万円→50万円へ

三井住友銀行

  • 審査回答…本人確認後最短翌営業日
  • 自主規制…審査の厳格化
  • 収入証明書の提示…希望額300万円→50万円へ

三菱UFJ銀行

  • 審査回答…本人確認後最短翌営業日、カード発行の翌日以降利用可能
  • 自主規制…融資上限額の引き下げ
  • 収入証明書の提示…希望額200万円→50万円へ

以前の銀行系のカードローンであれば、金利が低く大口融資の即日融資までもが可能でした。

現在では融資額は消費者金融並みに抑えられ、即日融資も禁止され、年収の3分1以上の借り入れが難しくなっています。

さらに全国銀行協会より過剰融資の実態を把握する必要があるとの通達を受け、銀行は毎月融資残高を公表することになっています。

銀行系の審査がより厳しく

従来の銀行系のカードローンは、消費者金融や信販会社が保証会社として審査を行っていました。

銀行は保証会社へ手数料を支払うことで、ほぼ審査は丸投げして消費者金融のノウハウを利用しスピーディーな貸付を行っていたのです。

ある意味「杜撰」だった審査が見直され、2018年1月以降は新規申し込みの際に、銀行側の審査として警察庁のデータベースへの照会を取り入れることになりました。

銀行はカードローンの新規融資の審査を厳しくしたのです。

即日融資の禁止

審査が厳格化されると、その照会に1日~2週間もの時間がかかるようになります。

それによって今まで可能であった即日の融資は一切不可能になりました。

それでも、人気の銀行系カードローンを紹介

自主規制が始まり、貸付に関する審査が厳しくなってきています。

しかし、金利の低い銀行系カードローンは依然たくさんの方に利用されています。

ここからは、メジャーな銀行系カードローンを3つ解説します。

みずほ銀行カードローン

上限金利が低いオススメのカードローン

みずほ銀行カードローン

金利は上限年14.0%までと低く、限度額は800万円までと高額なカードローンです。

使いみちは自由で限度額は最大800万円ですが、自主規制により融資限度額は年収の3分の1までと引き下げらています。

50万円以上の融資を希望する場合は収入証明書が必要になりました。

つまり800万円を借り入れするとしたら、2400万円の年収が必要になります。

みずほ銀行カードローンの審査を徹底解説

口座があれば審査は早い

口座があれば審査は早い

みずほ銀行の口座をもっていれば審査にかかる日数は2日と言われています。

口座がない場合は、あらかじめ開設してから申し込みをして「キャッシュカード兼用型」のローンカードを作りましょう。

申し込みはインターネットや電話からでも可能ですが、口座がない場合は、融資まで最長で1ヶ月かかってしまうこともあります。

返済は口座振替なので手数料がかかりませんが、利用の際にはATMの種類によっては手数料がかかるので気を付けましょう。

優良顧客として半年以上の取引を続けると、増額ができ内容によっては金利が下がる場合もあります。

三井住友銀行カードローン

口座なしでも申し込み可能

みずほ銀行カードローンの特徴

三井住友銀行の口座がなくても申し込めるとして、CMでも有名な大手メガバンクのカードローンです。

金利は上限年14.5%と低く、総量規制対象外ですが、自主規制で審査が厳格化されて融資自体が難しくなっています。

限度額は800万円までと高額であるものの、自主規制により、融資限度額は年収の3分の1程度です。

さらに50万円以上を希望する場合は、収入証明書の提示が必須となっています。

三井住友銀行カードローン審査の難易度と在籍確認を解説

専業主婦は不可

申し込み条件としては、収入のない学生や専業主婦は申し込みができません。

年収が200万円未満だったり、他社の借り入れが4件以上の場合も審査に通るのは難しいと言われています。

メリットは、手数料無料で使えるATMが多く、セブン銀行やローソンのATMなどの主要コンビニが利用できる点です。

口座がなくても利用はできますが、インターネットからの振り込み利用や利用状況の確認、口座振替での返済ができなかったりするので、口座があった方が便利でしょう。

ちなみに口座があると、本人確認が不要です。

最短で翌営業日には融資が受けられます。

急ぎの場合はローン契約機(自動契約機)の利用も可能です。

東京スター銀行「おまとめローン」

東京スター銀行のおまとめローン「スターワン乗り換えローン」は、銀行の「おまとめローン」のなかでも特に知名度が高い商品です。

金利は年12.5%とかなり低く、限度額は30万円以上~1,000万円と充分すぎる金額になっています。

こちらは「おまとめローン」としての商品なので、総量規制以上の貸し付けが可能です。

金利が低くておまとめに最適!東京スター銀行カードローン

自営業や年収が低い人は切り捨て

申し込み条件は厳しく、「自営業・パート・アルバイト」「年収200万円未満」の方はNGとなっていて、口座の開設も必要です。

公式には公表されていませんが、他社の借り入れが4件以上の場合も審査に通るのは難しいと言われています。

少額の他社利用がある場合は、あらかじめ減らしてからの申し込みをオススメします。

ネットで申し込みOK

東京スター銀行「おまとめローン」の申込み

申し込みは電話やインターネット、来店で可能です。

契約については来店不要で、郵送にて書類のやりとりができます。

おまとめ(総量規制の対象外)がある消費者金融

消費者金融

あなたが、繰り返しの借り入れをしない場合は「おまとめ」がある大手消費者金融がオススメです。

消費者金融の「おまとめローン」は総量規制対象外ですので、審査に通れば収入の3分の1以上の借り入れが可能です。

消費者金融は金利が高いイメージですが、借り入れが100万円を超えれば法律により自動的に年15.0%まで下がります。

プロミスのおまとめローン

プロミスには

「フリーキャッシング」
「レディースキャッシング」
「貸金業法に基づくおまとめローン」
「自営者カードローン」
「目的ローン」

の5種類があります。

なかでも「貸金業法に基づくおまとめローン」は複数ある借り入れをひとつにできるため「総量規制対象外の貸し付け」としてオススメです。

プロミス「おまとめローン」のデメリット

プロミス「おまとめローン」デメリット

  1. 無利息期間のサービスはなし
  2. 契約は店頭か無人機の来店のみ
  3. 追加の借り入れは不可
  4. 貸金業者以外からの借入れ分は、おまとめ不可
  5. 借り入れ残高のみの融資で利息は自腹
1.無利息期間のサービスはなし

残念ながらプロミスのおまとめローンには、フリーキャッシングのような30日の無利息期間のサービスはありません。

最初の支払いから利息がつきます。

2.契約は店頭か無人機の来店のみ

契約は店頭か無人機の来店のみ

おまとめローンの内容の詳細や相談については電話でもできますが、申し込みの際は必ず自動契約機か店舗に行かなければなりません。

インターネットや電話での契約手続きは一切出来ないので、来店の手間は必須です。

来店して審査に通れば、その場で契約まで全て完了します。

さらに時間を短縮したい場合には、事前に電話連絡をしておくとよいでしょう。

3.追加の借り入れは不可

プロミスのおまとめローンは、他社返済のみの利用しかできません。

追加での融資はできず、返済のみの取引になります。

4.貸金業者以外からの借入れ分は、おまとめ不可

貸金業者以外からの借入れ分は、おまとめ不可

おまとめの対象となるローンは、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などの無担保ローンの借り入れのみです。

銀行系のカードローンの借り入れや、クレジットカードのショッピング枠は融資対象外になります。

5.借り入れ残高のみの融資で利息は自腹

おまとめローンでの借り入れできる金額は、借り入れ残高のみとなります。

つまり他社の完済時にかかる利息分は、融資対象外です。

完済時の利息は自分で用意しなければいけません。

金額によっては用意するのが大変ですね。

プロミス「おまとめローン」のメリット

プロミス「おまとめローン」メリット

  1. スピード融資で即日の利用が可能
  2. パート、アルバイトでも申込み可能
  3. プロミスを使用中でも利用可能
  4. プロミスによる返済代行
  5. 返済代行など振り込み手数料は全て無料
  6. 元利定額返済方式なので返済しややすい
  7. 追加返済自由
  8. 返済方法は多数あり、インターネット返済は手数料無料でリアルタイムで反映
  9. 専用口座の開設不要
1.スピード融資で即日の利用が可能

プロミスはフリーキャッシング同様に「おまとめローン」でも即日での融資が可能です。

即日融資を希望する場合は、平日の14時までに契約が完了するようにしましょう。

もともとプロミスの既存顧客であれば、最短一時間弱で融資が可能です。

融資までのスピードを重視する方は、プロミスがオススメです。

2.パート、アルバイトでも申込み可能

パート、アルバイトでも申込み可能

プロミスのおまとめローンの申し込み条件は「20歳~65歳の安定した収入のある方」これだけです。

つまりパートやアルバイトでも、申し込みが可能です。

3.プロミスを利用中でも利用可能

プロミスのおまとめローンは、プロミスで現在利用中でも申し込みできます。

既存顧客の場合は、新規での申し込みよりも審査はスピーディーです。

4.プロミスによる返済代行
プロミスが直接他社に振り込みを行う

プロミスによる返済代行

プロミスのおまとめローンでは、プロミスが代行して他社の完済時の返済振り込み手続きをしてくれます。

何社もある振り込み手続きの手間がかからず、とても便利です。

「つい使いたくなる」リスクを防ぐ

プロミスが直接振り込みをしてくれるので、自分の口座に一度お金が入ることはありません。

プロミスではありませんが、実際に私が手続きしたお客様で、おまとめを条件に融資したのですが、手元に融資されたので他の事に利用してしまい、他社の完済ができなくなったという方がいらっしゃいました。

ちょっとだけ利用するつもりが、使った分の金額が用意できず、結果おまとめもできなくなって借金だけが増えてしまったのです。

約束不履行ということで、そのお客様はカードもストップし全額返済請求されてしまいました。

プロミスであれば自分の手元には融資されないので、「つい使っちゃった…」という心配もありません。

5.返済代行など振り込み手数料は全て無料

おまとめの際に気になるのが、手間と手数料です。

プロミスは完済時の返済代行手続きをしてくれて、しかもその際の手数料は全てプロミスが負担してくれます。

完済となると金額も大きくなるので、手数料も安くはありません。

さらに返済が何社にもなると、手数料だけで結構な金額になってしまいます。

プロミスなら、全て負担してくれるのでとてもお得です。

6.元利定額返済方式なので返済しやすい

元利定額返済方式なので返済しやすい

返済は元利定額返済方式なので、毎月決まった金額を返済していけばOKです。

返済金額が決まっていると間違える心配もなく、返済計画も立てやすくなります。

元利定額返済方式は返済が進むにつれて元金充当金額が増えていくので、余裕のあるときに返済をすればしただけ元金が減り、総額的にも少なくなります。

7.追加返済自由

プロミスのおまとめローンは、追加の返済がいつでもいくらでも可能です。

余裕のあるときに追加返済をすることで、元金を減らし返済総額も少なくなります。

銀行などによっては繰り上げ返済ができなかったり、繰り上げできる金額が決まっている場合もあります。

さらに繰り上げ手数料がかかるところもあるので、注意が必要です。

プロミスであれば自分の都合で自由に追加返済ができるので自分のペースで返済をしていけます。

8.追加の返済方法は多数・インターネット返済は手数料無料
月々の返済方法は口座振替

追加の返済方法は多数あり、インターネット返済は手数料無料でリアルタイム反映

プロミスのおまとめローンの返済方法は「口座振替」です。

返済日は、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を返済口座に指定すると5日、15日、25日、末日のうちの好きな日付を選ぶことができます。

上記以外の口座を指定すると返済日は5日となります。

追加返済の方法は8通り

それ以外の追加返済に関しては、8通りの返済方法があります。

①~⑥までは手数料がかかりません。

①店頭
②口座振替
③プロミスATM
④三井住友銀行ATM
⑤インターネットバンキング
⑥コンビニメディア端末
以下手数料自己負担
⑦銀行振込
⑧提携先ATM

インターネットバンキングは土日祝日でも24時間手続きがOKで、即時に返済が反映されます。

毎月の返済は手数料無料の口座振替でうっかり忘れを防ぎ、追加返済はその都度都合のよい方法でいつでも返済できます。

9.専用口座の開設不要

銀行系のカードローンの場合、銀行によっては返済用の口座を開設する必要がありますが、プロミスの場合は口座の開設は不要です。

口座の開設は時間がかかってしまったり、内容が通帳に記載されると家族にばれてしまうリスクも出てくるので、口座不要であれば安心ですね。

プロミスの審査は甘くない!審査基準や審査に通らない人の特徴

アイフルのおまとめ商品

アイフルのおまとめローン商品

アイフルのおまとめローン商品は2種類あります。

  1. アイフルかりかえMAX
  2. アイフルおまとめMAX

この違いは、アイフルの契約があるかどうかだけで、どちらの商品も申し込み条件は「20歳以上の定期的な収入が安定している方」です。

年齢制限の上限がなく郵送での契約も可能なので、気楽に申し込めます。

アイフルのおまとめローンの特徴は以下のような点があげられます。

  • 20歳以上であれば年齢制限なし
  • 安定した収入があればOK
  • 他社と比べて金利が低め
  • 無利息期間サービス対象外
  • 即日融資可能(要来店)
  • インターネットからの申し込みOK
  • 返済のみ

アイフルのおまとめローンは、銀行系のカードローンやクレジットカードのショッピング枠もまとめられます。

ただし銀行によってはまとめられないものもあるので確認しましょう。

1.アイフルかりかえMAX

アイフルを初めて利用するかた向けのおまとめローンで、金利は年3.0%~17.5%です。

2.アイフルおまとめMAX

アイフルと契約がある方対象のおまとめローンです。

金利は年3.0%~17.5%で、残高の有無に関係なく、契約が残っていれば「おまとめMAX」、新規なら「かりかえMAX」になります。

申し込みの流れについて

来店契約

来店契約

①申し込み
インターネット、電話、来店より可能です。

②審査
審査結果の回答があります。

③契約
店舗窓口か自動契約機へ来店し、必要書類確認後契約となります。

④カード発行
その場でカードの発行があります。

⑤融資

⑥他社への返済手続き
アイフルが代理で手続きを行う場合もあります。

郵送契約
①申し込み
インターネット、電話、来店より可能です。

②審査
審査結果の回答があります。

③契約
契約書類、カードが自宅へ郵送されます。

④書類の返送
記入した書類と必要書類を同封してアイフルへ返送します。

⑤融資
返送書類を確認後、不備がなければ融資となります。

⑥他社への返済手続き
アイフルが代理で手続きを行う場合もあります。

必要書類について

必要書類について

  • 身分証明書
  • 収入証明書
  • 他社の借り入れ内容がわかる書類

「他社の借り入れ内容がわかる書類」については、アイフル以外の借り入れ全社分の用意が必要です。

契約書の控えや、取引明細などを提出します。

必要書類は人によって異なるので必ず事前に確認しましょう。

アイフルおまとめローン「おまとめMAX」「かりかえMAX」の口コミ・評判を解説

アコムの借換え専用ローン

アコムのおまとめローン

アコムのおまとめローンは「貸金業法に基づく借換え専用ローン」という名前です。

  1. 金利はやや高め
  2. 即日融資可能
  3. 銀行系のカードローンやクレジットカードのショッピング枠はおまとめ対象外
  4. 契約は郵送でも可
  5. 返済のみだが残高が年収の3分の1になれば新たなキャッシングも可能
  6. 通常のカードローンとは返済方法が異なる
  7. 契約形態によって返済金額が異なる
  8. 30日間無利息サービス対象外
  9. 借り入れ先への返済はアコムが手続き

それでは、特徴についてみてみましょう。

1.金利は高め

アコムのおまとめローンの金利は年7.7%~年18.0%です。

上限金利は法律上の上限金利と同じなので、100万円以下の融資の場合は金利も下がりにくく、おまとめするメリットは少ないと考えられます。

2.即日融資可能

アコムのおまとめローンは、即日融資が可能

アコムのおまとめローンは、即日融資が可能です。

審査も早ければ30分~1時間と、通常のカードローンと同様にスピーディーです。

ただし郵送契約の場合は1週間程度の時間がかかってしまうので、よく検討しましょう。

3.銀行系のカードローンやクレジットカードのショッピング枠はおまとめ対象外

アコムのおまとめローンでは銀行系のカードローンやクレジットカードのショッピング枠はおまとめ対象外です。

ちなみに契約が郵送の場合、アコムからの借り入れをまとめることもできません。

その点は不便ですね。

4.契約は郵送でも可

契約は郵送でも可

アコムのおまとめローンは来店せずに契約することも可能です。

郵送で手続きをすることができるので、どうしても来店が難しい場合には助かりますが、時間は1週間程度かかります。

5.返済のみだが残高が年収の3分の1になれば新たなキャッシングも可能

アコムのおまとめローンは、原則返済のみの商品です。

しかし残高が年収の3分の1になれば、総量規制内として、新たなキャッシングも可能となります。

ただし利用を希望する際には、再審査が必要です。

6.通常のカードローンとは返済方法が異なる

通常のカードローンとは返済方法が異なる

アコムの通常のカードローンは定率リボルビング方式の返済方法ですが、おまとめローンは元利均等返済方式です。

元利均等返済方式はほぼ一定の金額で返済を続けていく方式で、最初のうちは利息充当分の割合が大きくなっています。

余裕があるときにはどんどん追加返済をして、元金を減らしていきましょう。

7.契約形態によって返済金額が異なる

店頭、郵送での契約の場合、返済の金額は貸付金額の1.0%以上で、自動契約機での契約の場合は、貸付金額の2.0%以上または1.5%以上となっています。

自動契約機の方が返済金額が高く設定されていますが、そのぶん返済も早く終わり返済総額も少なくすむのでお得です。

8.30日間無利息サービス対象外

30日間無利息サービス対象外

残念ながら通常のカードローン以外の商品については、30日間の無利息期間サービスは利用できません。

9.借り入れ先への返済はアコムが手続き

アコムのおまとめローンは、他社のおまとめをするための商品です。

原則その際の手続きは全てアコムが手数料無料で振り込みしてくれます。

自分で行う場合は、証拠として精算書類を提出しなければいけません。

手間と手数料を考えたら、アコムにお願いするのが一番です。

融資額は借り替え対象となる貸付残高の元金のみとなるので、利息分は自分で用意しましょう。

最後に、総量規制対象外カードローンの審査

通常のカードローンより厳しい

総量規制対象外カードローンの審査

最後に、総量規制対象外のカードローンの審査について解説します。

総量規制対象外のカードローンの審査は、通常のカードローン審査よりも厳しいと言われています。

借り入れ額が大きくなることでリスクも増大

それは複数の借り入れをまとめることにより、融資の金額が大きくなるからです。

金額が大きくなれば、貸す側の利息収入も大きくなりますが、支払いができなくなって貸し倒れになった際のリスクも大きくなります。

もともと消費者金融よりも審査が厳しいとされている銀行系のカードローンは、2018年1月の自主規制により一層厳しくなっている傾向にあります。

かといって申し込みをたくさんし過ぎると、申し込みブラックになるので注意しましょう。

まとめ

総量規制対象外のカードローンには、おまとめローンや銀行系のカードローンがあります。

当初は銀行系のカードローンが人気でしたが、自主規制により、消費者金融のおまとめローンも脚光を浴びるようになりました。

1社にまとめることによって、手間も利息も減るのであればとても魅力的です。

自分にとって一番都合のよい方法を選んで、借金を減らしましょう!

◆目的別で探す◆

◆銀行がやっぱり安心◆

-総量規制

Copyright© カードローンのいろは , 2020 All Rights Reserved.