お金を借りる

夜にお金を借りる方法!おすすめの消費者金融3社

夜にお金を借りる方法は?持ち合わせがない時の対処法

急病や急な出張で持ち合わせがない場合など、夜にお金を借りたい状況はいくらでもありえます。

「どうしても今日中に、即日で借りたい!」というあなたのために、夜にお金を借りるための方法やおすすめの消費者金融についてまとめました。

時間をムダにしないよう、スムーズにお金を借りるための注意点についても解説しています。

夜でもお金を借りられるところと方法は?

大手消費者金融の自動契約機は夜も営業

夜でも「お金を借りられる」ところと方法は?

夜でも即日で借り入れできるところといえば、「自動契約機がある大手消費者金融」に決まりです。

大手消費者金融4社の自動契約機の営業時間

まず各社の自動契約機の営業時間を見てみましょう。

プロミス 9:00~22:00(土・日・祝日も可)
※一部店舗は21:00まで
SMBCモビット 8:00~21:00(土・日・祝日も可)
※場所によって営業時間が異なる
アコム 8:00~22:00(土・日・祝日も可)
※一部店舗は21:00まで
アイフル 8:00~22:00(土・日・祝日も可)
※一部店舗は22:00まで営業

この表のように自動契約機を持つ大手消費者金融では21時~22時までローンカードを発行しており、すぐに借り入れすることができます。

注意しなければいけないのは、これはあくまで自動契約機の営業時間であり、審査時間(審査回答時間)は遅くても21時までだということです。

即日融資で10万円借りる方法!バレずに最短1時間

即日の審査回答時間は21時まで

審査には30分~1時間ほどを必要とし、審査回答時間が21時までです。

したがって、20時前後までに申し込みをしていなければ、即日での借り入れはできません。

各社の審査時間・審査回答時間

各社の審査時間、審査回答時間は以下のようになります。

消費者金融 審査時間 審査回答時間
プロミス 最短30分 9:00~21:00
SMBCモビット 10秒簡易審査 9:00~21:00
アコム 最短30分 9:00~21:00
アイフル 最短30分 9:00~21:00

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

事前にネットで申し込んでおくと時間の短縮に

最初から自動契約機に行って申込むより、ネット申し込みをして審査に通過したらローンカードを取りに行く、という方法が良いでしょう。

なぜならば、ネット申し込みならば1社目の審査に落ちてしまった場合に、すぐに次の1社に申し込みができるからです。

自動契約機で直接申し込む場合はその場で審査結果が出るため、あらかじめ審査結果を知ることはできません。

「どうしても今夜中にお金を借りなければ」という切迫した状況では、審査にかかる時間を短縮する工夫が重要です。

土日・休日も”即日”お金を借りられるカードローン

夜でもお金が借りられるオススメの3社

夜でもお金が借りられるオススメの3社

夜でもお金が借りられる大手消費者金融として

  1. プロミス
  2. アコム
  3. アイフル

の3社をおすすめします。

理由は「審査回答21時まで+自動契約機22時まで」と最も遅くまでお金が借りられるからです。

以下にそれぞれの特徴を見てみましょう。

1.プロミス

プロミスには、夜にお金を借りたい方にピッタリの「瞬フリ」というサービスがあります。

三井住友銀行またはジャパネット銀行の口座を持っていれば、ネット上で「瞬フリ」の手続きをすることで、24時間「最短10秒で」振り込み融資が受けられます。

つまり、自動契約機に向かうことなく手持ちの銀行口座にオンラインで24時間入金してもらえるのです。

●瞬フリの停止時間
※毎週月曜日0:00~7:00はサービス停止
※毎週日曜日21:00~翌月曜日7:00はサービス停止(三井住友銀行のみ)
※元日は終日サービス停止

いざという時のために三井住友銀行・ジャパネット銀行に口座を持っておくのもよいでしょう。

2.アコム

2.アコム

アコムは、楽天銀行に口座を持っていれば24時間「最短1分で」振り込み融資が受けられます(毎週月曜日1:00〜5:00と毎日23:50〜0:10はサービス停止)。

こちらも自動契約機の営業時間を気にすることなく借り入れが可能です。

3.アイフル

アイフルには残念ながら24時間の振り込みサービスがないので、夜に借り入れするためには自動契約機に向かうことになります。

アイフルの自動契約機は900以上あり、北海道から沖縄県まで全都道府県に設置されているので、ローンカードの受け取りに困ることはないでしょう。

自動契約機の営業時間内にローンカードを受け取ることができれば、コンビニの提携ATMでも借り入れができます。

夜にお金を借りる際の注意点

夜にお金を借りる際の注意点

夜に大手消費者金融の自動契約機でお金を借りる際の注意点として、以下の5つが挙げられます。

  1. 身分証明書を持っているか確認
  2. 急ぎでも1社ずつ申し込む
  3. 電話連絡による在籍確認が取れるか?
  4. 自動契約機の場所を確認しておく
  5. 勤務先の電話番号・従業員数を確認しておく

それぞれについて解説します。

1.身分証明書は必須

どの消費者金融に借り入れを申し込む場合でも身分証明書は必ず必要です。

オススメした3社(プロミス、アコム、アイフル)で認められている身分証明書は運転免許証ですが、細かな違いを確認しておきましょう。

プロミスの場合

プロミス

プロミスは運転免許証(交付されていない場合はパスポートまたは健康保険証+住民票)が必要です。

ただし、書類の住所が現在の住所と異なる場合には

  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社・水道局・ガス会社・NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

のうち1点が必要となります。

アコムの場合

アコムも運転免許証(交付されていない場合は個人番号カードや健康保険証など)が必要です。

ただし、顔写真がない書類、または書類の住所が現在の住所と異なる場合には

  • 住民票
  • 公共料金の領収書(電気・ガス・水道・固定電話・NHKのいずれか1つ)
  • 納税証明書

のうち1点が必要となります。

アイフルの場合

アイフル

アイフルでは運転免許証・運転経歴証明書が必要です。

上記2つが交付されていない場合は

  • パスポート
  • 公的証明書類(氏名・住所・生年月日・顔写真あり)
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード

のうち1点が必要になります。

ただし、書類の住所が現在の住所と異なる場合には

  • 公共料金の領収書(NTT・電気・都市ガス・水道・NHK)
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書

のうち1点が必要です。

2.急ぎでも1社ずつ申し込む

急ぎの借り入れでも、同時に何社か申し込んだりせず、必ず1社ずつ申し込みましょう。

消費者金融では申し込み者の個人情報を、それぞれが加入している信用情報機関(CIC・JICC・全国銀行個人信用情報センター)に照会します。

信用情報機関とは、消費者金融やクレジットの利用状況を管理している機関のことで、日本信用情報機構のホームページには以下のように記載されています。

信用情報機関は、加盟する会員会社から登録される信用情報を、管理・提供することで、消費者と会員会社の健全な信用取引を支えています。
消費者がクレジットやローンなどを利用する際、会員会社は消費者の信用力を判断するために信用情報機関に登録されている消費者の信用情報を確認しています。
この確認を行うことで、会員会社は消費者の返済能力に応じた適切な信用供与が可能となり、過剰貸付などを未然に防ぐことができます。
また、消費者は、自身が築き上げてきた「信用」に基づいた信用供与を必要な時に迅速に受けることができます。
信用情報機関は、消費者信用市場の健全な発展を支える社会インフラとしての役割を担っています。

引用元:信用情報機関について【日本信用情報機構ホームページ】

つまり、信用情報機関により借入件数・金額、申し込み件数などが明らかにされるため、他社への申し込み状況も筒抜けです。

その結果「それほどお金に困っているのか?」「お金をかき集めて返さないのではないか?」と返済能力・返済意思を疑われ、審査に落ちる原因となってしまいます。

3.電話連絡による在籍確認が取れるようにする

3.電話連絡による在籍確認が取れるか?

夜の申し込みでは、在籍確認の電話がネックになる可能性が高いです。

勤務先に誰もいない時間帯に申し込みをしても在籍確認ができず、審査はいったんストップとなり、翌日以降に持ち越しとなってしまいます。

電話連絡による在籍確認が取れない場合に、社名入りの社会保険証や源泉徴収票で電話の代わりとしてもらえる場合もあります。

しかし個別の判断となるため確実ではありません。

事情があり、電話連絡以外の方法で在籍確認をとってほしい場合は、こちらの記事に方法が詳しく書いてあります。
在籍確認なしでお金を借りることは可能?

4.自動契約機の場所を確認しておく

肝心の自動契約機がどこにあるのかをきちんと確認しておかなければ、場所が分からなくてウロウロということも考えられます。

その間に営業時間が過ぎてしまっては、急ぎの申し込みが台無しになってしまいます。

事前に自動契約機の場所確認を済ませておきましょう。

5.勤務先の電話番号・従業員数を確認しておく

時間がない中で「いざ申し込み」というときに慌てなくても済むように、事前に勤務先の電話番号・従業員数を確認しておきましょう。

これらは申し込みのときに必ず申告しなければならない項目でありながら、普段はあまり気にしていない人が多いです。

さらに「他社借入件数・他社借入金額」も同じように確認しておくとスムーズに申し込みができます。

深夜(夜中)でも借りられるところはある?

深夜(夜中)でも借りられるところはある?

残念ながら、申し込みが20時前後を過ぎてしまい大手消費者金融でも即日融資を受けられないと、お金を借りられるところはなくなります。

テレビCMなどで「ネットで24時間申し込み!」などと言われているのはあくまで「申し込みの受け付けが24時間」です。

大手消費者金融の審査回答は遅くて21時までなので、審査がそれ以降までかかると、結果は翌日(以降)となってしまいます。

まとめ

夜にお金を借りたいときは大手消費者金融の自動契約機がオススメです。

21~22時ごろまで営業していますが、審査時間はそれより早く終了するため、先にネット申し込みで審査を済ませてからローンカードを取りに行くとよいでしょう。

また、プロミスでは三井住友銀行またはジャパネット銀行の口座、アコムでは楽天銀行の口座を持っておけば、24時間いつでも振り込み融資を受けられます。

夜にお金が必要になって慌てなくてもいいように、普段から準備しておくことをおすすめします。

お金を借りる理由とその解決策「11個」

◆目的別で探す◆

-お金を借りる

Copyright© カードローンのいろは , 2019 All Rights Reserved.